乳酸菌サプリ「アレルケア」はヨーグルトと効果の違いは?

健康維持に腸内細菌が役立つ

腸内には約300種類の細菌が約100兆~1000兆個住んでいます。腸内細菌には、大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があり、健康な人では2:1:7のバランスになっています。このバランスが崩れて悪玉菌の比率が多くなると、悪玉菌が作る有害物質によって体調がくずれてきます。そのため、健康を維持するために善玉菌の乳酸菌をヨーグルトなどで積極的にとることが大切だと言われています。

そのような中、最近、L-92乳酸菌という特殊な乳酸菌を使ったアレルケアというサプリメントがアレルギー症状を和らげることが注目されています。乳酸菌とアレルギーが関係しているとは意外な気がしますが、腸の役割を知ると納得できます。

 

アレルケアでアレルギー症状がやわらぐ理由

腸は食物に含まれる栄養分や水分を体内に吸収する役目があります。それらにまぎれて病原菌が体内に入ってこないように、腸には全身の約60パーセントの免疫細胞が集まっています。一方、免疫細胞のバランスが崩れることでアレルギーが起こると考えられています。アレルケアを食べてL-92乳酸菌が腸内で免疫細胞に触れることによって崩れた免疫細胞のバランスが整えられると考えられています。

臨床試験では、アレルケアを食べることでアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症の症状を和らげることが確認されています。これは普通のヨーグルトに含まれる乳酸菌ではなかなかみられない特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です